Eコマース・通販サイトのスキルハックまとめ

EC事業の種類(B2C/B2B/C2C/D2C)、国内の市場規模について

全体を通して市場規模は伸びています。
ただし、EC化がまだ進んでいない(食品業界や医薬品業界など)、また巨大プラットホームが占有率が上がっており、中小企業は苦戦を強いられています。
マーケター不足やデジタル化、システムの刷新が遅れていることも波に乗れない原因となっています。
顧客のポテンシャルは上がり、デバイスや決済の多様性は進んでいるので、自社に合ったブランディングやマーケティング、システムの構築を見つけ顧客に愛されるプロダクトを提供できるかなど、単なるEC提供を脱却する必要があります。

B2C事例
・Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング等のショッピングモール、ユニクロなどの自社ECサイト

B2B事例
・文房具のアスクル、工業用資材のモノタロウ、業務用食材のフーヅフリッジ

C2C事例
・メルカリ、stores.jpやBASEなどの個人出店

D2C事例
・クラフトチョコレートメーカーのMinimal、アパレルのALL YOURS、レザー製品ブランドobjcts.io


© 2019 KOTOWARI All Rights Reserved.
*当サイト記載内容の無断転載・無断使用を固く禁じます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Scroll To Top